ヨルの足跡〜生きる〜

障害も精神疾患も無い。精神科に通うも「診断名」が付かない。だけど、”生きづらい”。そんな途方も無い、心の嘆き。 「私、これからどうしよう」

恋人への依存(コメントを下さった方へ)。

私の元に、一通(?)のコメントが寄せられました。
11月17日のことです。


その方が言うには、私の書いた記事「恋人への依存」に共感できるとのことでした。さらに、共依存について考えさせられる状態にあり、彼とは約1ヶ月音信不通だそうです。
恋人に依存している状態の私を思い返しながら読むと、動悸と目眩にむせ返るほど苦しい内容です。いてもたってもいられない、苦痛に悶える状況なのではないかと想像します。


私がたった一つだけ、具体的なアドバイスをするならば、精神科への受診と場合によってはカウンセリング等によるケアをおすすめします。


以下、頭を振り絞りながら、
私によるつたない言葉を記したいと思います……。



***



 「恋愛依存」という立派な依存症が存在します。まさしく、相手に依存してしまっている状態です。相手のことが気になる、常に管理したい、何をしているのか不安になる、相手中心の生活になっている……等が症状だそうです。


 ここでは専門的な意見は述べず(というか知識が無い!)、私なりの考えを述べられたらと思います。



1. 依存は、愛では無い。
 依存している状態って、相手のことを愛しているわけでは無い様な気がします。こんなことを言うと「愛しているからこそ尽くしている!」という声が聞こえてきそうですが……本当にそうでしょうか。私はそうは思いません。


 「自分の不安を解消する為」に、恋人に尽くしているだけなのではないでしょうか。


例えば、「愛されていないのかもしれない」という不安を埋め合わせてもらう為に相手の喜ぶことをする、「愛されている」という実感を得たいが為に相手中心の生活を送る、「愛情を感じたい」が為に連絡をこまめに取る……。


そんなの、愛でも何でも無いですよね。
自分の不安や虚無感を満たす為だけに、恋人というものは存在しているわけではない。
きついことを言えば、相手は一人の人間。自分を満たす為の道具じゃ無い。
……ただしこれは、逆のこともいえると思いますけどね。



あなただって、恋人を満たす為の道具では無い。



2. 依存に陥る原因
 これは、幼少期の家庭環境が影響しているのでは無いかと推測します。「愛着障害」などがそれに当たると思います。「安全地帯」である筈の母親がそうではない。簡単に言えば、子どもの頃母親に、ちゃんと愛情を与えてもらえなかった結果、「分離不安(愛する人から離れてしまう事への不安)」や「人間不信(人は信じても大丈夫な存在だと安心できない)」に陥るのでは無いでしょうか。その結果、不安定になるのです。
 この愛情への餓えは、成長するにつれて恋人に満たしてもらおうとする傾向にあるそうです。「かまってちゃん」と呼ばれる人の内、数名は、このように寂しい思いをした人たちなのでは無いだろうかと考えさせられます。
 彼氏への行動って、親による愛を確かめる子どもに似ていると思いませんか?例えば、「どれくらい愛してくれているのだろう?」とはかる為に、わざと嫌がる様なことや困る様なことをしてみる。愛してもらえていないかもしれない、と不安になった場合、「愛してもらう」ために喜んでもらえることを自分の限界を多少超えても一生懸命に行おうとする、「嫌われない」ために何でも言うことを聞く……。


 母親(養育者)と自分、恋人と自分。両者に共通されているのは「親密な二者関係」だと思うのです。そのため、幼少期に満たされなかった愛への餓えが、成長すると恋人へ向かうのでは無いかと思うのです。



3. 依存からの脱出
 「専門家を頼る」というのが何よりだと思います。しかしここでは、私なりに考えたことを述べたいと思います。


① 自分を大切にする
 恋人に依存している状態の自分って、なんだかかわいそうではありませんか?


・自分の時間が無い
・常に情緒不安定
・相手に振り回される
・自分のしたいことができない
・マイペースでいられない
・自分のことを褒めてあげられない


 こんなの、悲しすぎますよね。しかし、自分を赤の他人として客観視した時に、そんな様子が見えてきませんか?


ではどうしたらよいのか。


 私は、自分をお姫様扱いしてあげたら良いと思います。自分の理想とする執事になりきって(笑)。お姫様ってかわいらしくて、大切な存在ですよね?だからこそ、自分を自分でお姫様にしてあげるのです(これは過去に読んだ本を参考にしました。生憎、タイトルは忘れてしまいました……。申し訳ないです……)。


 例えば、恋人からの連絡が来ずにうみ疲れているお姫様をみたらどう声をかけますか?「何か甘いものを食べましょう」や「気分転換にどこかへ向かうのはいかがでしょう?」なんて声をかけたくなりませんか?または「湯船につかってみてはいかがでしょう?今回はキャンドルを用意いたしましたよ」なんてことも。


 例えば、恋人から冷たい態度をとられた時。「酷い相手ですね。ここに全てを打ち明けて記して下さい。私が全部読みますよ」や「今日はとっておきのアロマを用意いたしました。これで少しでも気分がほぐれて下さるとうれしいです」など。


 ちょっとふざけている様に聞こえるかもしれませんね(笑)しかしこれらって、自分の心が本当に求めていることなのではないでしょうか。自分で自分を満たしてあげる――大切にしてあげるというのは、決して虚しいことではありません。むしろ、とても(というか一番!?)大切なことのように思います。



② 動物を飼ってみる
 これはかなり限定された方にしか実行できないと思いますが……!
 私は最近、子猫を譲り受けました。子猫から学ぶことは多いです。
 好きな時に食べ、好きな時に寝る。好きな時に甘え、好きな時に遊ぶ……。そして私は、これらのことをすべて叶えてあげられる唯一の存在です。ただし、猫を満たしてあげようとする気持ちが働くのは、義務感からでも、責任感からでもありません。依存相手への行為と違って、「猫ちゃんのこと好きだものな~」「してあげないとな~」と単純に動くだけです。


 好きな時に甘えて、満足すると一人遊び始める様子を見ていると「依存では無く、純粋に甘えられる、ということはこういうことなのかな?」と考えさせられる時があります。上手く言葉に出来ませんが、猫ってものすごくマイペースです。それに比べ依存状態って、驚くほど相手に振り回されていますよね。これは余談ですが、甘えられる側も相手がマイペースで居てくれた方が、気が楽です。なぜならこちらもマイペースでいられるからです。
 この事をみていると、依存による甘えというものは、やっぱり本来分かち合う愛の形では無いことに気づかされます。


 また、あまりに純粋で無垢なその猫の姿に「私も本来の姿は、こうなのかな?」と感慨深いです。依存している状態って、ごはんもろくに食べられない程思い悩む事ってありませんか?
 この事をみていると、依存している状態の自分はいかに自分を失っているのかと気づかされます。



動物は、素直です。
素直で、かわいい。
人間よりも、ずっとわかりやすい(笑)。
こういう風に、本能のままに野生を生きる動物を飼うと、癒やされるだけで無く、「本来の私」というものを垣間見られる気がします。



3. 最後に
 頭フル回転でした。が、この程度しか書けず申し訳ないです。い、いかがでしたでしょうか?
 建設的……というか、純粋、というか。そういった恋愛関係(もしくは二人の愛)をはぐくんでいける人って、お互いに自立できているような気がします。自立、ってむつかしい言葉ですが、要は「自己管理ができるひと」という意味です。恋愛によるトラブルって、様々ですよね。例えば、依存、DV、ストーカー、など。それらに共通していることは「自分をコントロールできていない」ということなのではないでしょうか。
故にこの「自分をコントロールできているかどうか?」と一度でも問いかけてみると、絡まった糸を紐解いていくはじめの一歩になる気がします。


 コメントを下さった方、ありがとうございました。遅くなってすみません。自分のテーマでもあったので、返事を書くのにずいぶんと時間がかかってしまいました。



恋人への依存

(目隠し、手探り、大打撃。)


私は今、遠距離恋愛をしています。そして、故に困っていることがあります。
それは『恋人への依存』です。
もしかすると、近々破局するかもしれません。
不安に押しつぶされそうになりながら、しばし筆を執ってみようと思いました。
いつも以上にまとまりの無い文章です。


***


※「依存」とはいえ、ここでは学術的なことを述べません。知識が無い為、感覚的なもので書いていることをご了承下さい。


1. どういうところが「依存」的?
私は、いつも胸を占めている不安があります。それは「愛されているのか」という不安と、「いつ別れられるのか」という不安です。どんなに愛情表現を受けても、慰めてもらっても、何故だかそれらが拭われることはありません。一時的に安心しては、また不安で不安定な状態に陥る。その繰り返しです。
それ故に、「もっとかまってほしい」、「愛されたい」、「寂しい」という満たされない思いになります。
その結果、その思いを恋人に何かしらの形で伝えてしまう訳です。「愛情」に餓えては、それを相手に求めてしまうのですね。


まるで「分離不安」や「愛着障害」の様だな、と我ながら思います。



2.どういう恋人同士なの?
 お付き合いしている恋人は、私に比べて刹那的な人間です。真実が、気分によってコロコロ変わる様に思います。例えば疲れ切っていると全てがどうでも良くなり、私のこともどうでも良くなっては酷いことを言う。しかし直接会って楽しい思いをしている時は、愛情にあふれている愛情表現もたくさんしてくれる。まるで天国と地獄を見せられる様な思いをしますが、これがその恋人なのです。雲泥の差の真実を持つが、同一人物。そういう人なのです。
 私はというと、頭でっかちでグルグル思考を回すタイプ。一言で言うと「重たい」。故に、一途であり、思いはそうそう変わったりはしません。ただし気分転換が下手くそで、何かに捕らわれると動けなくなります。


 彼はフワフワとして羽の様に軽く、どこでも適応するタイプ。私はずっしり根を下ろし、そこでじっとしているタイプ。そう表現できるかもしれません。
 それ故に、私は彼に振り回される状態です。彼の一言に一喜一憂しては、会えない時間、一人勝手に不安に陥りやすいのです。



3. 負の連鎖
 私のこの、どうしようもない「寂しさ」や「愛情に対する餓え」は、恋人のせいである様には思いません。過去のことを振り返っても、自分はどこか「愛情を求めている」人間だった様な気がします。それ故に、友達に依存したり、独占欲が強かったりこともあります。こんな自分が自分で嫌です。
 どうやったらこの「寂しい」という思いや「愛情に対する餓え」を克服できるのでしょうか。私は、これらの上を恋人によって補おうとしている自分が居る様な気がします。
 恋人は、たまったものじゃないと思います。実際に今日、恋人に「寂しがり方が異常」と言われてしまいました。頭上に雷が落ちたかの様に、衝撃を受けてしまいました。そして同時に、ショックでした。私は私が嫌いです。だけど、そのありのままが自分である以上、どうしようもないのです。こんな「程度が異常な寂しさ」を自分が補う役割を求められても、無理だと思います。付き合いたての、恋の魔法にかかってはハイになっている状態の人なら大丈夫でしょう(実際に恋人もそうでした)。しかしつきあって数年経ってもまだ、そんな役割を求められると困るというものです。その結果


私は耐えきれない程の愛情を求める

恋人はそれに応えきれない

私は不安になり更なる愛情を求める


という負の連鎖が発生する訳です。この負の連鎖から、一刻も早く抜け出したいのですが……




4.どういうお付き合いがしたいのか
精神科の先生に言われたことがあります。「自分のことを満たす為に、人と付き合うわけでは無いですよね」。ハッとさせられました。私は相手に「こうしてほしい」と求めるばかりで、相手のことを思ったことがあるのか?と疑問に思ったのです。
「寂しいので相手をしてほしい」、「かまってほしい」、「もっと夢中になってほしい」、「ちゃんと愛情表現をしてほしい」……そして「愛情の餓えを満たして欲しい」。……これでは、相手もたまったものでは無いですよね。
 相手の求めていること。それは、「もたれかからないで欲しい」ということのように思います。2人でいる時は楽しいです。しかし、はなれてそれぞれの生活に戻った時、彼は充実しています。それを、邪魔して欲しくないというのが、彼が私に求めていることの様に思います。
 私は、その気持ちを尊重しているだろうか。答えは否です。それどころか、自分の欲を押しつけていることに気づきます。嫌でも、気がつきます。



5.現状
 しかし、もう全てが遅いかもしれません。
 恋人が、私に冷めてきている様に思うのです。


・会えなくても平気
・電話は嫌いだからしたくない
・会いに行くのは、距離が遠い為面倒くさい


そんなことを言われてしまっては、正直どうしたらよいのか解りません。



しかし、もしも恋人と別れる結果になってしまったとしても……
私は、私を変えたいと思います。
克服し、成長し、
もう二度と同じ過ちを繰り返しては人に迷惑をかけないように
より成長し、自分を大事に出来る人になるように
自分を変えたいと、祈っています。



6.具体的に自分をどう変えるか
 恋人に対して依存的である要因について、以下のものが思い当たりました。


・趣味が無い
・熱中しているものが無い
・友達が少ない
・日々を持て余している
・メンタル面がすぐれない


至極単純ですが「これらを全部無くせばいけるのではないか?」と思いました(笑)。いや、笑えませんけど。“自分を変える”というのは、口に出すことこそ簡単ですが、実行するのはとても大変な様に思います。
 とりあえず思いついたのは「外に出て社会に参加する」、「勉強をする」が良い薬となるのではないのでしょうか。その二つとも、私にとってはハードルが高いです。私は仕事をしていませんし、引きこもりですし、そもそもメンタル面に問題持ちですし……。そこで、もっとハードルを下げて「とりあえず外に出る」、と。最近、友達がほしいと思い始めまして……むむむ、なんだか良い方法は無いだろうか。



7.始めてみようと思うこと
 こんな体たらくですが、私、実は大学院に進学してみたいという夢がありまして……
 そして、最近はアルバイトも始めました。


このような、自分のプライベートを大事にし、磨いて行こうかと思います。相手に依存するのでは無く、その時間を「自分を成長させる」ことへ割いてみるのです。しかしこれは、結構辛いのでは無いかと思います。「自主学習」のように、自立して苦行に励む事(または自分に自分で鞭を打つこと)って、なかなか難しいですよね。無理をしすぎると、過去の様に『うつ』になってしまうので、あくまで無理の無い程度から始めてみようかと思います。



8.残る疑問
 しかしながら、一つ、疑問が残ります。


「私って、どうしてこうも寂しがり屋なのでしょうか?」


 ……このことについては、カウンセリングや病院でケア出来たらと思います。これは、私に潜む病理である様に思います。これについてテーマにしつつ、ブログに残して行けたらまた何か発見があるかもしれないな、とも思っています。



引きこもりが、バイトですって……?

過去の自分を呪いたい。

「バイトでもしてみよっかな」と思いつくと同時に即行動をした自分を……。



1.バイトという恐怖
 私は今日からバイトに行かねばならない。とはいえ、他人に強制されているのでは無い。過去の自分がそうしてしまったのだ。しかしながら、行きたくない。とてつもなく行きたくない。


 私はバイトというものに恐怖を覚えている。なぜなら、その場に縛られるからだ。


・ルールを守る
・コミュニケーションをとる
・仕事を覚え、確実にこなす
・失礼の無い様にする
・愛想を保つ
・ひたすら働き自由に身動きがとれない
・それが何時間も続く……。


私は戦慄を覚えずにはいられない。まさに苦行である。


 今の時点でもうすでに、ついて行ける気がしない。
 か、勝てる気がしない……。



2.どうして皆当たり前の様にバイトが出来るのか
 学生時代に良く思っていたことがある。それは「どうして皆、当たり前の様にバイトができるの?」ということだ。
 私に忍耐力が無いだけだろうか?
 我が儘なだけだろうか?
 それとも、バイトに対するハードルを頭の中だけで勝手に上げているだけだろうか?
……
 こう見えても私は、バイト経験が0な訳では無い。2つだけ行った。しかしフタを開ければ結構めちゃくちゃなものである。1つ目のバイトは飲食店。人間関係が嫌で嫌で、たった1,2ヶ月で辞めてしまった。2つ目のバイトは客寄せ。短期募集であった為、なんとかやり遂げた。というか、逃げ切った感に近かった。
 2つとも、素直な気持ちで思い返すと、ネガティブな感情になっていたことが多かった気がする。達成感や楽しかった思い出が全く無かった訳では無い。しかしそれは、どこか虚勢を張っていたというか、空元気でこなしていたというか……。
 こんな経験しか持ち合わせていなければ、自然と「バイト=ネガティブ」という方程式が成り立ってしまう。誰か、この方程式を壊してくれッ……と、言いたいところだけれど、それは自分で行わなければならないのだろうなあ。泣けますね。


一番良いのは、「バイトは嫌だよね」と受け入れた上で「でもちょっくら、頑張ってみますか」と思えることなんでしょうけどね……。



3.どうしてバイトをしようと思ったの?
 これには2つの理由がある。1「お金が無い」、2「社会経験しないとまずい気がする」。
 最初に「お金が無い」について。仕事をしていない今、私は金銭面は全面的に親を頼っている。貯金も底をついてきた。そう、自由に使えるお金がないのである。
 次に「社会経験をしないとまずい気がする」について。私はというと、仕事も直ぐに辞めてしまったし、バイトもあまり経験したことがないしで……社会的にはそう、まさしく『温室育ちの甘ちゃん』なのだ。そんな私ですが、「このままで良いか」とは思えず。というか、むしろ「このままじゃまずいのではないか」と自分を責め始めました。自分を責めるって、毒でしか無いですよね。そこで「じゃあバイトするか!」と衝動的に立ち上がってしまった訳です。私はなんというか、衝動的な傾向にあるので、一度決めると動かずにはいられないのですよね。



4.最後に
 そんなこんなで今日、バイトへ行く私。本当に泣きたい。成人しているけど泣きたいくらい行きたくない。どうして背伸びをしてしまったのか……。


 しかし、これが何かに繋がる第一歩かもしれないのです。


 今は確かに辛いです。しかし、この経験が何かに繋がるかもしれません。引きこもりでニートが自分の身体に鞭を打って自分を動かしてみた結果、どうなるのか。


バイトに行ってみた結果どうなるのか。
それもまた書いてみようかと思います。